頻尿の基礎知識

頻尿とは

頻尿の症状

排尿のしくみ

畜尿のしくみ

正常な排尿

頻尿の原因

ストレス

加齢

細菌感染

生活習慣

病気

頻尿の対策

ストレス解消

漢方薬

手術

体操

薬療法

頻尿の種類

過活動性膀胱とは

神経性頻尿とは

尿もれ

夜間頻尿

膀胱炎症

男性の頻尿

残尿感

前立腺異常

内臓の異常

女性の頻尿

冷え性

妊娠

生理

子供の頻尿

幼児の頻尿

子供の頻尿対策

おねしょ

頻尿はどうして起きる?

頻尿って?

一般的に頻尿は、老化すると症状が出てくると考えられていますが、子供であっても発症することが多くある病気です。よく見られる頻尿の症状は、1回の排尿量が少なく残尿感があることや、膀胱が炎症などを起こして尿が溜まることで痛みを感じるといった症状がよく見られます。

成人の正常な排尿量は、1回に200ccから300㏄と言われています。これは、膀胱の容量にあたり、最大で400cc前後の尿が溜まるとされています。しかし、頻尿になると、膀胱が満タンになっていないのに尿意を感じるので、1回の排尿量が少なくなってしまうのです。

また、頻尿になると残尿感を感じやすく、膀胱に溜められている尿が少しずつ排出されているので、常に膀胱に尿が溜まっていると錯覚してしまうので、残尿感が残ってしまうのです。頻尿の症状は、排尿量の問題だけでなく、頻尿の為に膀胱が痛みを伴う場合があります。

膀胱に尿が溜まると、尿道をはじめ腰などに痛みが起きることもあり、排尿によって軽減するので、トイレに行く回数が自然と増加して頻尿の症状となってしまいます。 頻尿は加齢によって起こる症状と言われるように、年齢と共に症状が出てやすい病気です。男性では加齢によって、多くの人がなるとされている前立腺肥大症の症状の一つに頻尿があり、女性は出産によって骨盤の位置がずれるといった理由から、頻尿の症状が出るとされています。

また、子供の頻尿は膀胱に尿をためておく事が出来ず、頻繁にトイレに行ってしまう子供が多いようです。このように、頻尿は誰でもなり可能性の高い症状で、身体的な問題だけでなく、精神的なストレスでも何らかの障害がおこって頻尿になってしまうことがあります。頻尿を治す時、ほとんどは薬物で治すことができますが、手術が必要なくらい重症な場合もあります。

単なる頻尿であると、症状を放置していると実は重症な病気の前症状である事も多く、自分で自覚している場合には、早めに病院に行って改善してしまいましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 頻尿の原因と対策ナビ All Rights Reserved